精神安定剤

ベンゾジアゼピンの離脱症状はいつまで続く?【離脱症状回復ステージ】

こんにちは。

彩人です。

精神安定剤の離脱症状ってどのくらい続くんだろう?

今日はこんな方向けに記事を書いています。

僕は過去1日25錠飲んでいた精神安定剤をいっぺんに断薬。

結果、長いこと離脱症状に苦しみました。

今日は、その始まりから終わりまでを書いています。

よろしくお願いします。

ベンゾジアゼピンの離脱症状はいつまで続く?回復ステージを解説!

大まかな回復ステージ

結論から書くと僕は以下のような順番で回復していきました(↓)。

2015年4月 睡眠薬一錠を残し25錠いっぺんに断薬。

2015年7月 実家に引き上げ。

2015年9月 リーゼ2錠とソラナックス1錠追加

2015年9月半ば 病院のカウンセリングを受ける。

2016年9月 就労移行支援機関で働きはじめる。

2017年春 離脱症状からの一定の回復。

2018年春 一般企業へ就職。

2019年7月 統合失調症に罹患。

こんな流れで回復。

なので大まかな回復ステージは、5年となります。

では詳しくはどのようなステージで回復して行ったのでしょうか?

続いてみていきたいと思います。

離脱症状回復ステージ①一番辛い時期

まず、一番辛い時期はこんな症状が出ました(↓)

・不眠 ・ふるえ ・離人感覚 ・耳鳴り ・肌のかゆみ

・めまい ・ふらつき ・感覚異常 ・味覚異常(初期)

・神経が過敏になる  ・目の渇き ・ふらつき

こんな感じで自律神経の異常が多数出現。

日々、とんでもない不調に悩まされました。

なので、一気断薬は本当に危険です。

絶対に真似しないようにしましょう

ちなみに僕が断薬を開始したのは2015年4月19日。

この日僕は、なぜか精神安定剤を1錠も飲んでいませんでした。

そこで「おっ!このまま薬やめられるんじゃない?」と軽く判断。

夜まで安定剤を飲まずに過ごすことにしたのです。

すると、不思議なことに離脱症状は意外にも平気。

そのため以降も断薬を継続してみることにしました。

離脱症状回復ステージ③実家に帰る

2015年夏。

僕は実家に引き揚げました。

体調が本当に辛かったからです。

離脱症状で完全に身体が限界。

なので実家のある、茨城県で療養することにしました。

そして2015年9月(断薬から4ヶ月後)。

僕は実家近くのメンタルクリニックを受診。

そこで、

  • リーゼ(2錠)
  • ソラナックス(1錠)
  • ロラメット(2錠)

を仕方なく、服用することにしました。

もう、完全断薬には耐えられなかったからです。

わずか4ヶ月の完全断薬生活でした。

離脱症状回復ステージ④カウンセリングとその1年

実家に移ってからは、ひたすら「病院」へ通いました。

これは当時僕が、仕事をしていなかったため。

なので「病院通い」が僕の仕事となりました。

・診療

・カウンセリング

を受けることが実家に置いてもらう条件。

なので週に1回のペースで病院へ通いました。

しかしその甲斐あってか、離脱症状は少しだけ回復。

重い症状だけ、少し、取れたのです。

この間回復した症状としては、(↓)

・味覚異常
・食欲不振
・目の渇き
・ここがどこだかわからない

こんなひどい症状。

なので100あるうちの10%くらいは回復した感じでした。

ただ、依然として、

・新聞が読めない
・TVが見れない
・人と話せない
・自分が分裂してしまったような感覚(鬱感覚)
・耳鳴り、不眠、その他自律神経の異常

こんな離脱症状は、継続。

やっぱりすぐには、離脱症状って良くならないですよね。

辛い時期は、まだまだ続きます。

離脱症状回復ステージ④デイケア、就労移行支援

2016年2月。

カウンセリングも一通り終了し、今度は「デイケア」に通うこととなります。

これは当時僕が、人と接することができなかったため。

なので週3回、病院のデイケアを受診することになりました。

そこで同じ「うつ病」の人たちと交流。

徐々に人と接することに慣れようとしたのです。

すると少しずつ、人と会話することも可能に。

ここでも離脱症状が回復していったのでした。

そして2016年8月。

今度はデイケアを卒業。

次は、いよいよ就労移行支援の番となりました。

急ぎすぎのような気もしますが、僕は単純に、働きたかったのです。

時給500円で同じ病院で働かせてもらうこととなりました。

離脱症状回復ステージ⑤うつの改善

2017年2月ころのこと(断薬から1年10ヶ月目)。

この冬はけっこう、良いことが続きました。

・TVが見れる!

・新聞も少し読める!

・仕事にも慣れてきた!

こんな感じで、少しずつ離脱症状が回復。

以前に比べて、症状の半分くらいが取れてきたのです。

そして2017年3月。

僕は、就労移行支援で貯めたお金で東京へ遊びに行きました。

それまでは公共交通機関にすら、乗ることができず。

なのでこれでまた一歩前進です。

そして2017年の春。

今度は就労移行支援も無事終了。

僕は同じ病院でアルバイトへ格上げしてもらうことになりました。

ちなみにこの間、続いていた離脱症状としてはこんな感じです(↓)。

・耳鳴り ・神経過敏 ・緊張感

・不眠 ・肌のかゆみ ・人と接することが困難

こんな症状が依然として残りました。

なので体調はまだまだ良くありません。

そして当時、僕が飲んでいた薬は(↓)、

  • リーゼ(1日2錠)
  • ソラナックス(1日1錠)
  • ロラメット(就寝時2錠)

こんな感じの3種類。

なので、僕はずっと少ない薬の量で耐えていました。

離脱症状回復ステージ⑥一般企業就職

2018年2月。

断薬開始から2年8ヶ月後のことです。

僕は「病院の仕事を退職」することとなりました。

これは人間関係のトラブルと激務が原因。

僕はだいぶ前から辞めることを考えていました。

でもこれはこれでかなりのプラス!

ストレスがだいぶ減ったからです。

そして2018年春(断薬開始から2年9ヶ月後)。

今度は一般企業への就職が内定しました。

ちなみにこの期間の書くことは、特になし。

なぜなら離脱症状はほとんど変わらなかったからです。

こんな症状が依然として続きました(↓)

・緊張感 ・人と積極的に話せない ・神経過敏 ・耳鳴り

どうやら離脱症状の回復もこのあたりが限界。

あとは、薬を増やすか、このままの状態を維持するかしかなさそうでした。

離脱症状回復ステージ⑦統合失調症罹患

離脱症状、終了のゴングは突然鳴り響きました。

一人暮らしを始めた矢先、幻聴が聞こえ始めたからです。

  • お前は逮捕だ!
  • 警察に連絡しろ!

こんな幻聴が聞こえてきました。

そこで2019年7月(断薬から4年後)、精神科病棟に入院

僕は「統合失調症」と診断されました。

そしてそれが離脱症状の終わりでした。

服薬内容が大幅に変わったためです(↓)

  • ロナセン(4錠)
  • ソラナックス(1錠)
  • ロラメット(就寝時2錠)

こんな感じで服薬内容が大きく変化。

ただ統合失調症の薬には、安定効果もあり、離脱症状は完全に消えました。

2019年9月

僕の離脱症状は完全に終わりを迎えたのでした。

離脱症状のオマケ〜まだまだ続くよ〜

ちなみに人生の辛い時期は、もう少し続きます。

なぜなら幻聴が聞こえ、無職となったため。

なので毎日が逆に辛くなりました。

しかしそれが全て解決したのは2020年春のこと。

僕が「ツイッター」を始めたからです。

そこでいろんな人たちと交流。

徐々に幻聴も気にならなくなってきました。

また2020年5月。

僕の障害年金の受給が決定。

これで無事に離脱症状から資金面まで解決したのでした。

断薬からちょうど5年目のことでした。

まとめ

いかがでしたか?

今回は「離脱症状になるまで〜終わり」までを書いてみました。

離脱症状(精神安定剤の副作用)については、こちらにも書いています(↓)

精神安定剤の10の副作用【長期服用者のみが知る、意外な副作用とは?】

こんにちは。 あやとです。 「精神安定剤の副作用ってどんなものがあるの?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は25年来の精神安定剤を服用してきました。 そんな僕が精神安定剤の副作用について ...

続きを見る

良かったらこちらもよろしくお願いします。

ではまた。

-精神安定剤